プロフィール

ナオ・ヘンドリクス

Author:ナオ・ヘンドリクス
Fuck'in business!

最新記事
ナオヘンのつぶやき
最新コメント
カレンダー
06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カテゴリ
ブロとも申請フォーム
リンク
全記事表示リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ナオ黙カウンター

スポンサーサイト

--.--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

読む気をなくすPCの話 -RemoteBoot ローカルIP編-

Thu.02.12.2010 0 comments
読む気をなくすPCの話 -RemoteBoot 宅内編- からの続き

今度は外出先からPCを起動する場合の設定です。
説明が長くなるので何回かに分けます。。

屋外から自宅のPCにアクセスする場合、まずやるのはIPアドレスの固定です。
正確に言うと「ローカルIPアドレスとグローバルIPアドレス」の固定。
ネットワークは難しい言葉がたくさんあってワケ分かんないすね。
以下の長い前振りは自分で調べた範囲なので、間違っている解説もあると思います。

IPアドレスには2種類あります。

●ローカルIPアドレス(192.168.x.x など)
・家の中、会社内でのIPアドレス
・自宅ルータから自動的に割振られる
・設定によりアドレスを固定できる


●グローバルIPアドレス(133.152.1.59 などランダム )
・外の世界でのIPアドレス
・プロバイダから自動的に割振られる
・有料オプションなどでアドレスを固定できる


簡単に言うとこんな感じです。

外出先から自宅のPCを見るには、グローバルIPアドレスを知る必要があります。
しかしお金を払って固定していない限り、グローバルIPは流動的に変化します。
ほとんど変わらない地域もありますが、世帯が増えたりするとコロコロ変わったりするようです。

え?ダメじゃん。どーすんの?
その対策は後でするとして、とりあえずローカルIPアドレスは自分で固定できます。

ほとんどの人が最初はプロバイダから支給されたモデムやルータの「かんたん設定」とかで、IPアドレスなんか考えずに使っていると思います。自分もそうです。
これはルータに「DHCP」という機能がついているので、自宅内にPCが複数あってもIPアドレスが重ならないように勝手に割り振ってくれるからです。

我が家の例で説明します。

・3階のデスクトップPC(192.168.1.2
・リビングのノートPC(192.168.1.3)

この2台のPCにカッコ内のIPアドレスが割り当てられていたとします。
例えば3階のPCの電源を落とし、もう一度再起動したりすると

・3階のデスクトップPC(192.168.1.4
・リビングのノートPC(192.168.1.3)

こんな風に、末尾のアドレスが4に変わったりします。
これでは、グローバルIPだってコロコロ変わるのに、ローカルIPまで変化したらアクセスできそうもないです。

てことで、長い前振りでしたがまずはローカルIPを固定します。
wol09.jpg
ここで前回も調べましたが、アクセサリ→コマンドプロンプトで
ipconfig/all
と入力し、この画面を開いたまま次の設定へ。

コントロールパネル→ネットワーク共有センター
file04.jpg
真ん中右あたりの「状態の表示」をクリック。
wol06.jpg
左下のプロパティをクリック。
wol07.jpg
インターネットプロトコルバージョン4(TCP/IPv4)を選び、右下のプロパティをクリック。
wol08.jpg
上段「次のIPアドレスを使う」をクリック。
IPアドレス:192.168.x.x
要は他の機器とかぶらなければ何でもいいんですが、覚えやすい数字にしておきましょう。
ウチの場合だと、
192.168.1.11→3階PC
192.168.1.100→無線LANルータ
192.168.1.101→RD-X8(HDDレコーダ)
192.168.1.102→REGZA
こんな感じにしてあります。

サブネットマスク:255.255.255.0(など)
コマンド画面、15番目の項目「サブネットマスク」を入力します。
ほとんどのルータの場合、この数字がデフォルトのような気がします。

デフォルトゲートウェイ:192.168.1.1(など)
コマンド画面、16番目の項目「デフォルトゲートウェイ」の192~から始まる方を入力します。
要はルータのIPアドレスです。
ルータによっては192.168.0.1だったりするので注意が必要です。

下段「次のDNSサーバーのアドレスを使う」をクリック。

優先DNSサーバー:192.168.1.1(など)
コマンド画面、17番目の項目「DNSサーバー」を入力します。
ここもルータのIPアドレスで問題ない場合がほとんどだと思います。

代替DNSサーバー:空欄
良く分かりませんが空欄のままでOKです。

これでローカルIPの固定ができました。
ちなみにルータの「DHCP」機能はオフにしなくても、ローカルIPは固定できます。
要はIPがかぶらなければいいんです。以前は勘違いしてました。

次回はグローバルIPの対策です。
読む気をなくすPCの話 -RemoteBoot グローバルIP編- に続く

« 読む気をなくすPCの話 -グローバルIP IPアシスト編- - Home - 読む気をなくすPCの話 -RemoteBoot 宅内編- »

- comments
0 comments
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

- trackbacks
0 trackbacks


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

topTop

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。